決別の時

決別の時

ついに仕かける時という状況では何よりも下準備を怠ってはならない。

 

トレードを行う前出来事を合理的に見つめる事ができるゆとりがあります。

 

だが、ひとたび売買の内側へ入ってしまうと、どう試みても物の見方が主観的になる事が多く時々真っ当な見方ができなくなる可能性があります。

 

だから論理的な段階でちゃんとした事前準備をしておくことが大切なのだ。

 

"事前準備"とは、まずは自分だけの物語を作る事からスタートします。

 

明日からのこの通貨はああだからこの外貨を買う(あるいは売る)といった、脚本を書いていきます。

 

次は時間足チャートをチェックしましょう。

 

為替レートの上下動を調べて今の価格を確認する。

 

そうすれば、「今のところなかなか高すぎる段階になっているな」とか、それとも「もはや多数の方が勝負しているこの先急にしかけてももはや間に合わないな」ということが理解できます。

 

無論今となっては買い(または売り)するのが手遅れだなと感じたならば売買しないで、ここはきっぱりと諦めることが必要です。

 

どうしても自分自身のストーリー展開を妥協しないで、強引にトレードすると為替相場に押し返されてしまい反対に損をすることになりかねない。

 

ただし多くの場面で事前に準備している自分なりのシナリオを作り上げていると売り(または買い)が間に合わないなということにはならないでしょう。

 

大方、現実にマーケットが動き出す前の状態のはずだからです。

 

更に、まずは取引しようとしている売買ポジションの動きをきちんと点検する事が不可欠です。

 

円安が進むと予想する物語を考えたのであれば該当する通貨の推移に注意を払っておきます。

 

マーケットの上下動を注目し始めた状態では、明確に変動する様子を見せることなく小幅な上げ下げを繰り返しているだけでしょう。

 

だけど、その変化をちゃんと見ているとある状況でじりじりと円安の方向へと為替相場が変化し始めます。

 

この場面でようやくドルの取引します。

 

緻密に準偏さえしておけば、そのトレードで利益を上げる割合は比較的高くなるはずです。

 



関連記事

  1. 育毛によい食品とは
  2. 決別の時
  3. ハイドロキノンの美白効果
  4. テスト